僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペダルを替えてみる

散歩の帰り道、名古屋駅の新幹線口にあるビックカメラ駅西店に立ち寄った。 この店は名古屋駅西で一番活気がある場所。あまり知られていないかもしれないが、電気製品以外にも自転車のパーツ類を最近扱うようになってきた。
当然プロショップ並みには、品数はないが、そこで何気なく目ぼしい商品はないかと見ていたら、ちょっといいかなというペダルが見つかった。

今使っている三ケ島のトラックペダルに不満があるわけではないが、サイズが小ぶりでブラックの外枠、シャープな形をしている。それに蹴り返しの小さな爪も付いており、いまや絶滅危惧種になり掛けているトゥークリップ派にもうれしい設計。 2960円、それほど高い訳でも無かったので、つい衝動買いをしてしまった。

さて、自宅で早速取り付けてみようと思ったのだが、困ったことが起きた。 当然、今使っているペダルを外す必要があるのだが、そうは簡単に外れない。 今まで工具箱の肥やしになっていたレンチセットの出番だと思いきや、このサイズ(15ミリ)が飛んでいて無いのである。

昔、輪行をしていたのでペダルレンチを持っていたはずなのだが、探しても見当たらない。数十年振りにペダルを外すので、別の方向に回しているのではないかと不安になってきた。念のため、ネットで調べてみると、やはり間違いなかった。クランク回転方向の逆回しが正解だ。だから、締める場合はレンチを使わずに手で適当に締めておいても勝手に締まっていってしまうのだ。ちょっと考えればわかることなのだが、昔の記憶が蘇ってきた。

当然、アーレンキも使えるので試してみた。向かって左(チェンリングのない側)側はなんとか外せた。しかし、右側は、チェンリングがあるため、体重を掛けて力任せに回しても、ギヤの歯で手を傷める危険がある。アーレンキはアームが短いため、力も入れにくい。

止む無く、翌週にホームセンターに出かけて15ミリのペダルレンチを探した。ところが、また困ったことになった。 サイズ別にレンチが並べてあるのだが、他のサイズはけっこう数量に余裕があるのにも関わらず、15ミリのものだけが品切れなのだ。
レンチセットにない位の特殊なサイズだから、仕入れ数も少ないのか、自転車にしか使わないサイズなので、最近の自転車ブームでたまたま売れているのか。
自転車屋に行って外してもらえばそれまでだが、いずれは輪行で使いたいので、使う局面も出てくると思い、さらに翌日、別のホームセンターに出かけ、やっと手にすることができた。3000円のペダルを取り付けるのに1000円の工具、ちょっとバランスが取れないかもしれない。
でも、さすがに工具の力は偉大だ。難なく外すことができた。

amazonでタグに付いている型番で、ペダルを調べてみた。重量が238gとある。 やはり小ぶりだけあって、他のペダルに比べると軽いようだ。今使っている三ケ島のペダルと比べると、100g位軽い。 以前計った時が10.1kgだったから、カタログ値上は、これで10.0kgジャストということになる。(低レベルの軽量化である^^;)



早速、新しいペダルを踏んでみた。当然のことだが、100gで軽さが、体感できるわけはない。でも蹴り返しがあるので、トゥークリップは拾いやすい。
レースをやっている訳でないので、あくまでパーツ交換は自己満足の世界なのだ。今度は、財布が暖かくなったら、お尻に優しいサドルとシートポストを交換してみよう。
関連記事

- 3 Comments

じーじ  

今晩は、
ビックカメラにあるんですね、私も行ってみましょう。

2011/02/16 (Wed) 20:58 | EDIT | REPLY |   

KOU  

tmzさん こんばんは
カッコイイ!ペダルですね
オイラの自転車にはゴールドの方が合いそうです^^
3000円程度ならオイラでも購入できそうですが、自分で交換できるかどうか不安です(^_^;)

2011/02/17 (Thu) 23:06 | EDIT | REPLY |   

tmz2010  

KOUさん。コメント有難うございます。
工具さえあれば問題なくできますよ。
だんだん工具ばっかり増えるかもしれませんが、いろいろ交換して愉しみましょう。

2011/02/19 (Sat) 13:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。